デンソーが富士通テンを子会社化へ

自動運転技術の強化で

[東京 9日 ロイター] - デンソーは<6902.T>9日、カーナビなどを手掛ける自動車用電子機器メーカーの富士通テン(兵庫県神戸市)の子会社化に向けて、同社の主要株主である富士通<6702.T>とトヨタ自動車<7203.T>と協議すると発表した。

デンソーはすでに10%出資している富士通テンを子会社化して協力関係を深め、自動運転技術などの開発を強化する。今後、富士通、トヨタと具体的な検討に入り、2016年度内をめどに最終契約の締結を目指す。

デンソーが富士通テンへの出資を51%に引き上げる一方、富士通が55%から14%に引き下げる方向で協議する。トヨタは35%の出資を維持する。富士通テンは自動運転に重要なミリ波レーダーなどの技術を持っており、デンソーは両社で自動運転や高度運転支援、電子基板技術の開発などを加速する狙い。

富士通テンの2016年3月期連結売上高は3633億円だった。

 

(白木真紀)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。