慶応EVベンチャーに集った100社の思惑

量産化は遠くても、未来へ“保険”かける

日産自動車や三菱自動車などの大手自動車メーカーだけでなく、ベンチャー企業によっても技術開発が進む電気自動車(EV)。そのEVベンチャーの代表格といえるのが、慶應義塾大学教授の清水浩社長率いるシムドライブだ。企業や自治体と連携し、EVの開発を進めている。

シムドライブはこれまで3台の試作車を製作。3月27日に一般公開した第3号車が「SIM-CEL(シム・セル)」(=タイトル下写真=)だ。中核技術である「インホイールモーター」(車輪に内蔵されるモーター)やリチウムイオン電池の性能が従来よりも向上。JC08モード(日本における標準的な市街地走行モード)での1kmあたりの電力消費量、いわゆる「電費」性能は、昨年発表の第2号車「SIM-WIL(シム・ウィル)」に比べ、約9%改善した。航続距離は324km。あくまで試作車だが、電費性能だけを見ると日産のEV「リーフ」より25%程度高い。

一方、シムドライブがこれまで想定していたEV量産化のメドは立っていない。当初は初号車の「SIM-LEI(シム・レイ)」は2013年、2号車のシム・ウィルは14年ごろを目指していたが、とても実現しそうにない。

日産のEV「リーフ」が販売低調

というのも、日本国内にはEVが爆発的に普及する土壌が醸成されていないからだ。日産が社運を懸けて投入した「リーフ」の販売低調はその象徴である。1回の充電で走れる航続距離の短さに加え、充電インフラの不足が重しとなっている。

次ページEVの弱点、補強できる?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。