デキる人は「悠長に大学に行く」ことをしない

大学は「将来を選択」するための場だ

やりたいこともわからない、なりたい職業もないのですが、大学に進学するべきか悩んでいます(写真:Graphs / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

初めまして、ユリといいます。私は親族たちから大学に行くよう言われているのですが、目標としている大学も職業もなく、学力にも自信がありません。一身上の都合で高校に行ってなく、高校に行けたかどうかも怪しいのに、大学へ行こうとするなんて無理があると思うのです。
でも男手ひとつで育ててくれた父の望みに応えないのは心苦しく、とにかく目標を探そうとしています。が、得意な教科は何ひとつなく、体力もない、精神面も弱くて、どうしてもやる気が出ず、夢中になれる物もありません。自分のやりたいこともわからない、なりたい職業もない私が大学に行けるのでしょうか? それともきっぱりあきらめるべきでしょうか?
ユリ

大学に進む人の大半は、目的探し

この連載の記事一覧はこちら

ご自身が将来に悩む中、お父様の気持ちを考えることができるとは、ユリさんは非常にしっかりした方と見受けられます。その事実だけでもお父様はうれしいことでしょう。

さて、ユリさんの現状でも大学に行けるか否かですか、これはズバリ行こうと思えば行けます(ただし、高等学校卒業程度認定試験を取得される必要はあるかと思われますが)。

正直な話、高校を卒業して大学に進む人の大半は、将来、やりたいことも具体的になければ、ましてや具体的になりたい職業のイメージを持っている人はほぼいません。

それでも多くの人が大学に進むものです。

次ページ卒業の頃には変わるのか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。