オラクル、期待外れ決算から早くも反転姿勢

データセンター設置で日本強化が鮮明に

米オラクルのマーク・ハード社長が来日。日本でのデータセンター設置も発表

3月20日に期待外れの業績を発表して以来、株価を大きく下げた米オラクル。20日の終値で35ドル77セントだった同社の株価は、21日には32ドル30セント、25日には31ドル25セントまで12%以上も下落した。

業績減速の主因とされたのはハードウエア部門。新製品発表を前にした買い控えがたたった。ただ、それも26日に同社が発表した2種の新型サーバーの寄与により、回復に向かいそうだ。

米オラクルの日本法人である、日本オラクルの今13年5月期業績も、前期比では増収増益となるものの、従来想定より増益幅が縮小しそう。前期に膨らんだ金融と官公庁向けが想定以上に減少するなどでハードウエア中心に振るわないためだ。ただ、今期が最高益更新の見込みであることに変わりはない。

日本でも新型サーバーの投入が予定されていることもあり、また、クラウド事業の強化も効いて、今後は日本オラクルの業績も反転攻勢が見込めそうだ。

米オラクルのハード社長が来日

米オラクルは3月25日、日本国内では初のデータセンターを開設すると発表した。場所は非開示だが、米オラクル単独での設置としており、日本オラクルは親会社の米オラクルにクラウドサービスでの対価を支払う形式となる。これに合わせる格好で、米オラクル社のマーク・ハード社長が来日し記者会見を開いた。

ハード社長は元ヒューレット・パッカード(HP)社の会長兼CEO。2010年の電撃移籍により、米オラクル社長に就任している。そのハード社長が、オラクルの事業戦略について、4つの強みをさらに強化する方針を示した。

次ページハード社長が語る4つの強化点
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。