米スペースX、ロケットが燃焼試験中に爆発 けが人なし

マスク氏「原因はまだ分からない」

9月1日、米民間宇宙企業スペースXのロケットが、米フロリダ州のケープカナベラル空軍基地にある発射台で燃焼試験中に爆発した。写真は爆発のようすを撮影した動画から(2016年 ロイター)

[ケープカナベラル(米フロリダ州) 1日 ロイター] - 米民間宇宙企業スペースXのロケット「ファルコン9」が1日、米フロリダ州のケープカナベラル空軍基地にある発射台で燃焼試験中に爆発した。同社によると、けが人は出ていない。

爆発は米東部時間午前9時(日本時間午後10時)過ぎに起きた。

スペースXは、燃焼試験中に「異常」が発生し、爆発でロケット本体と積んでいた通信衛星が失われたと説明。

同社によると、このロケットはイスラエルの衛星事業会社スペース・コミュニケーション(スペースコム)<SCC.TA>の通信衛星を搭載しており、2日後に打ち上げを控えていた。米フェイスブック<FB.O>はこの衛星を利用し、アフリカのインターネットアクセスを拡充する予定だった。

スペースXを創業した起業家イーロン・マスク氏はツイッターで「原因はまだ分からない」とコメントした。

スペースXの発射台が爆発でどれほどダメージを受けたかは現段階で不明。また、航空宇宙局(NASA)や商業衛星が今後に予定している打ち上げへの影響も分からない。

爆発により、中国通信・ネットワーク機器の北京信威科技<600485.SS>による2億8500万ドルでのスペースコム買収にも遅れが生じる可能性がある。

スペースコムは声明で、通信衛星を爆発で失ったことは同社に「重大な影響を与える」との見方を示した。スペースコム株は1日、8.9%安で取引を終えた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。