「朝食メニューと成績」の意外に密接な関係

IQが高い子は「菓子パンよりご飯」

朝食は成績と密接な関係がある(写真:北の魔女 / PIXTA)

成績を上げるために、親ができることがある

中学3年生の受験生を持つ、真紀子さん(45歳)は、最近朝食を玄米に変えました。それは、朝食の内容が勉強の効率を左右すると知ったからです。

「子どもの学力を上げるためにできることが少しでもあるなら、やってみようと思ったのです」

子どもの成績を上げるために、「勉強をしなさい!」と言うよりもよっぽど効果的な方法があります。それは、朝食に気をつけることです。

朝食は成績と密接な関係があります。子どもの成績を上げたいなら、一度朝食についてじっくり考えてみてもよさそうです。

文部科学省が行った調査でも、朝食を食べているかいないかで、成績に違いが出ていることが示されています。また、イギリスのカーディフ大学をはじめ、数々の研究機関で、「朝食を毎朝必ず食べる子どもは、朝食を抜いている子どもに比べて、学力が高い」ということが明らかになっています。

次ページなぜ朝食が成績にかかわるのか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
インテルの<br>パラノイア的技術経営

インテル中興の祖、アンディ・グローブ。数々の英断で、プロセッサー半導体市場で無双の企業を作り上げた。グローブの愛弟子である、インテル全盛期のトップが語る技術経営の神髄。