イタリアのオープンカーは火傷するほど熱い

「アバルト124スパイダー」の魅力

フロント周りのデザインは、ヘタなスーパーカーを凌ぐ迫力がある

マツダのテクノロジーとアバルトの“サソリの毒”が融合した唯一無二のクルマ──それが「アバルト・124スパイダー」だ。アバルトのデザインを統括するルーベン・ワインバーグさんに、話を訊いた。

過去と現在の両方を大切にしたデザイン

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

1970年代に世界ラリー選手権で活躍した「アバルト・124スパイダーラリー」は、デザイン的にも性能的にも70年代の名車のひとつに数えられます。デザインする上で心掛けたのは、過去のオマージュを反映させつつ、それを現代的に昇華させることでした。過去と現在のどちらかを犠牲にするのではなく、両方を大切にしてデザインしたのです。

六角形のフロントグリル、立体的なサイドシルエット、ダッシュボードのデザイン、赤く塗ったサイドミラーや黒のボンネット……クルマ好きならニヤッとしていただけるデザイン要素を盛り込みました。

70年代の「アバルト・124スパイダーラリー」

例えば黒のボンネットは、ラリーの現場で生まれた機能的なアイディアなのです。というのも、ボンネットで光が反射すると眩しくて運転がおろそかになってしまいますから。このように表面的なデザインではなく、理由をよく理解した上で引用するかどうかを判断しました。走らせても本当に楽しいクルマに仕上がっていると思います。

次ページイタリアのオープンカーの文法
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。