新体操団体、日本は最下位8位に沈む

ロシアが5連覇を達成

 8月21日、リオデジャネイロ五輪、新体操の団体決勝で、日本は2種目合計34.200点で8位に終わった(2016年 ロイター/David Gray)

[リオデジャネイロ 21日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は21日、新体操の団体決勝を行い、日本は2種目合計34.200点で8位だった。

日本は1種目目のリボンで精彩を欠き、8チームの中で最下位に。2種目目のフープ・クラブは6番目の成績だった。

ロシアが36.233点で5連覇を達成した。銀はスペイン、銅はブルガリア。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
コールセンターの流転<br>採用難、地方撤退、AIで消滅?

沖縄で不人気職種1位はコールセンター業務。離職率が高い。センターの最大集積地は沖縄から、北海道へ。次をうかがうのが福岡。採用難の解消へAI活用が進む現状をリポート。