錦織圭、マリーに敗れて3位決定戦へ

女子はプイグが金メダル

 8月13日、リオデジャネイロ五輪、テニスの男子シングルス準決勝、第4シードの錦織圭(写真)が第2シードのアンディ・マリーに1─6、4─6で敗れた(2016年 ロイター/Toby Melville)

[リオデジャネイロ 13日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は13日、男女テニスの試合を行い、男子シングルス準決勝では、第4シードの錦織圭が第2シードのアンディ・マリー(英国)に1─6、4─6で敗れた。

錦織は3位決定戦で、第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)と対戦。連覇を目指すマリーは、決勝でフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)と戦う。

女子シングルス決勝では、モニカ・プイグ(プエルトリコ)がアンゲリク・ケルバー(ドイツ)をフルセットで下し、金メダルを獲得。3位決定戦では、ペトラ・クビトバ(チェコ)がマディソン・キーズ(米国)に勝って、銅メダルを獲得した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
どん底からの回復劇<br>マクドナルドの組織改革

2014~15年度に赤字に陥った日本マクドナルドHD。17年度は最高益の見通しだ。逆境下で指揮を執ったサラ・L・カサノバ社長に聞く。「きっかけは女性マネジャーからのメール」。