錦織が4強進出、準決勝でマリーと対戦へ

日本勢で96年ぶりとなる4強入り

 8月12日、リオデジャネイロ五輪、テニスの男子シングルス準々決勝、第4シードの錦織圭(写真)はガエル・モンフィスを7─6、4─6、7─6で破り、日本勢で96年ぶりとなる4強入りを果たした(2016年 ロイター/Kevin Lamarque)

[リオデジャネイロ 12日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は12日、テニスの男子シングルス準々決勝を行い、第4シードの錦織圭はガエル・モンフィス(フランス)を7─6、4─6、7─6で破り、日本勢で96年ぶりとなる4強入りを果たした。

準決勝で錦織は、2012年ロンドン五輪金メダリストで第2シードのアンディ・マリー(英国)と対戦する。

このほか第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)とフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)も4強入りした。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。