男子100バタフライでスクーリング優勝

銀はフェルプスなど同着3人

 8月12日、リオデジャネイロ五輪、競泳の男子100メートルバタフライ決勝でシンガポールのジョセフ・スクーリング(右)が五輪新記録の50秒39で優勝。マイケル・フェルプス(右から2人目)ら3人が同着で銀メダルを獲得した(2016年 ロイター/Michael Dalder)

[リオデジャネイロ 12日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は12日、競泳の男子100メートルバタフライ決勝を行い、ジョセフ・スクーリング(シンガポール)が五輪新記録の50秒39で優勝し、シンガポールに五輪初の金メダルをもたらした。

通算23個目の金メダルと五輪での同種目4連覇を目指したマイケル・フェルプス(米国)は51秒14で2位。チャド・レクロー(南アフリカ)、ラースロー・チェー(ハンガリー)も同着で、3選手が銀メダルを獲得した。

女子800メートル自由形決勝ではケイティ・レデッキー(米国)が8分4秒79で自身が持つ世界新記録を更新し、200メートル、400メートルと合わせて自由形の個人種目三冠を達成した。

五輪の同一大会で200メートル、400メートル、800メートル自由形の3種目制覇は1968年大会のデビー・メイヤー(米国)以来。

男子400メートルメドレーリレー予選では、日本が入江陵介、小関也朱篤、藤井拓郎、 中村克のオーダーで臨み、全体3位のタイムで決勝進出を果たした。女子は同種目の予選で敗退した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。