タカラトミー、希望退職の裏側

非効率な販売体制と海外子会社の不振が足引っ張る

東京都葛飾区立石にあるタカラトミーの本社。グループ全体で約2300人の社員を抱える

「トミカ」「プラレール」「リカちゃん」など、多数の有力玩具を擁するタカラトミー。バンダイとともに、国内玩具業界を引っ張ってきた老舗メーカーが業績不振に喘いでいる。

タカラトミーは3月4日、2月12日から3月1日まで募集していた希望退職者が予定の150人に達しなかったため、3月19日まで募集を延期したと発表した。タカラとトミーが2006年に合併して以来、初の希望退職。ただ、やや混乱も見受けられる。そもそも、タカラトミーがリストラするほどに追い込まれているのはなぜか。日本を代表する老舗玩具メーカーにいったい何が起こっているのか。

タカラトミーは昨年11月、今年度(2013年3月期)業績見通しを下方修正した。当時の修正後計画は、売上高1700億円(前期比9%減)、営業利益51億円(同50%減)。国内玩具市場がゴールデンウィークと夏休み商戦に盛り上がりを欠き、トレーディングカードの「デュエル・マスターズ」や男児向け玩具「ビーダマン」が苦戦。前期輸出が好調だった「トランスフォーマー」や「ベイブレード」の販売が急落したほか、11年4月に買収した米国子会社も足を引っ張った。

13年3月期見通しの再下方修正も

看板商品の「トミカ」(上)と「プラレール」(下)

ただ、この3月に期末を控え、タカラトミーはさらに業績見通しを引き下げる可能性がある。最大の稼ぎ時である、クリスマス商戦で苦戦したのだ。実績は前年比10%程度の落ち込み。市場全体も減少傾向だったが、その中でも芳しくなかったとされている。前半と同様に、トレーディングカードなどが低迷。海外も欧州を中心に経済情勢の低迷を受け、販売が伸び悩んだ。

さらにもう一つ、下方修正の懸念となっているのが希望退職だ。会社は希望退職実施による特別損失を「募集上限の150人に達した場合、10億円程度になる」(広報室)と試算。タカラトミーの今期最終利益の最新予想値は6億円。特別損失の金額次第では、合併後で2度目の最終赤字に転落する可能性もある。

次ページ広がるバンダイとの差
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。