トヨタ、EVへの割り切り

2人乗りコンセプトカーが狙う用途

電気自動車(EV)は特定用途のニッチ商品――そんなトヨタ自動車のEVに対する割り切りを示したコンセプトカーが登場した。

トヨタは、3月5日からスイス・ジュネーブで開催されるジュネーブモーターショーで、超小型EV「TOYOTA i-ROAD」を出展する。i-ROADは前後2人乗りの三輪車で、車幅はわずか85cmとスリム。リチウムイオン電池を搭載して、満充電での航続距離は50km(30km/h走行時)だ。大きな特徴は、旋回時に左右の前輪がずれて、バイクのように傾いて走行することだ。

都市市街地の短距離走行を想定

EVならではの静かさや環境性能、超小型という特徴により、都市市街地での短距離走行用途を想定する。

トヨタは、フランス・グルノーブル市など共同して、このi-ROADをベースに開発した車両と、傘下のトヨタ車体がすでに販売している超小型電気自動車「COMS」を用いて、同市でのカーシェアリング実証実験も行う予定だ。2014年末に開始する実証実験では、駅と中心市街地に専用駐車場を設けて、数km程度の移動手段としての有効性を検証する。

次ページEV開発に取り組む、トヨタの真意は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。