最新!「女性が働きやすい会社」ベスト300

活躍や育児・介護のしやすさなどを徹底解剖

女性がイキイキと働ける会社とは?(写真:naka / PIXTA)

女性が働きやすい会社はどこか。『CSR企業総覧』2016年版掲載の1325社の人材活用データを基に「女性が働きやすい会社ランキング」を作成した。

ランキングは「女性の活躍」「育児・介護」「働きやすさ」の3分野、合計37項目(100点満点)で評価。1位は2年連続で三越伊勢丹ホールディングスの89.3点(データは三越伊勢丹)となった。分野は女性の活躍34.5点、育児・介護24.5点、働きやすさ30.3点という内訳。いずれも最高得点ではないが、バランスよく得点し合計点でトップとなった。

百貨店の同社は2014年度で男性2700人に対して女性2675人とほぼ半数が女性という職場だ。女性管理職比率20.3%と『CSR企業総覧』小売業の平均10.1%を大きく上回る高い水準。さらに「2020年までに30%に上げること」を目指す。

年代別の女性比率は30代が56.1 %と最も高い。20代以下49.8%、40代52.4%、50代40.4%と30代・40代の働き盛りの比率が高く、管理職候補も多そうだ。

育児・介護面の制度も充実。最長で育児休業は3年、介護休業は1年間取得可能だ。必ずしもフルに使うことが推奨されているわけではないが、もしもの時の不安は解消されるだろう。

早期にフルタイム勤務に復帰できる環境

キャリア面を考えると仕事を長く離れることは会社だけでなく本人にとってもよいことではない。早期にフルタイム勤務に復帰できるようシフト固定のフルタイム勤務設定、短時間勤務の一時的時間延長、育児中の従業員が悩みや情報を交換する場として「ワーキングマザー情報交換会」を実施。「早く仕事に復帰したい」と考える従業員が職場に戻りやすい制度を整えている。

これらは月給制契約社員も利用可能。さらに契約社員から社員への転換にも積極的で2014年は66人、2015年は86人が対象となり、累計で400人となった。

有給休暇取得率も82.3%と高水準。2年間で失効する有給休暇を積み立てて、育児や子どもの学校行事等の理由で取得できる「ストック有休制度」もあり、「休みが取りにくい」と言われる小売業で取得促進は進んでいる。

『CSR企業総覧』2016年版(東洋経済新報社)画像をクリックすると販売サイトにジャンプします

日々の勤務にも柔軟な働き方を取り入れる。コアタイムなしのフレックスタイム制度もあり残業時間も月5.7時間と少なくワーク・ライフ・バランスに配慮。年1回の社内公募制度、FA制度やキャリア形成支援なども実施し、やりがいのある職場として「働きやすさ」も高評価となった。

2位も昨年と同じ資生堂(88.2点)。女性の活躍35.7点は全体トップ。しかし、育児・介護23.3点、働きやすさ29.2点が三越伊勢丹ホールディングスに及ばなかった。

女性従業員が過半数を超える同社は、女性の支援制度は充実している。ビューティーコンサルタントの育児時間取得のための代替要員確保や、配偶者の転勤に同行しても仕事を継続できる環境を整備する。

女性社員のキャリア意識、ネットワークづくりを目的とした「きゃりなびランチ」、女性管理職を恒常的に輩出する組織風土醸成を狙った「女性上司向けセミナー」も開催。女性のキャリア育成に積極的に取り組んでいる。

役職者への女性登用も進む。管理職は27.2%、部長は12.0%と高水準で、2016年10月までに「リーダーに占める女性の割合30%を目指す」という目標も実現可能性は高そうだ。

他に長時間残業削減を狙った「消灯施策」や「定時退社デー」の導入、男性社員の育児参画への意識啓発を目的とした「イクメンランチ」開催など女性だけを対象にしない取り組みも行っている。

3位は富士通(87.2点)。女性の活躍29.9点、育児・介護25.8点、働きやすさ31.5点だった。女性社員比率は全体の15.4%と高くはないが、女性の勤続年数は17.8年と長く、働きやすい職場であることが伺える。「2020年度末には、新任幹部社員に占める女性比率を20%にすること」を目標に掲げ、管理職登用も進める。

子どもが小学校6年生になるまで、または介護に関して最長3年の短時間勤務も可能で、長く働き続けられる仕組みを用意。退職した社員の再雇用制度もあり、配偶者の転勤でやむなく辞めざるを得なかった人に再度働く機会を提供している。

次ページそのほか上位企業の特徴とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。