「女性新入社員」に優しいホワイト企業500社

「CSR企業総覧」で読み解く有望企業<5>

女性学生にとって長く勤務できる会社を探すのはどうしたらいいか?(写真:kou / PIXTA)

先日、掲載した「新入社員に優しいホワイト企業」では男女合計の新卒3年後定着率をご紹介した。一般的に「新卒3年後定着率の高さ」は若手社員にとってよい職場の基準とされ、この数字が高い会社を「ホワイト企業」と呼ぶこともある。今回は就職活動中の女子学生向けに新卒女性社員の3年後定着率が高い会社を「女性新入社員に優しいホワイト企業ランキング」として発表する(ランキング内の社名は3月28日時点)。

『CSR企業総覧』2016年版で新卒女性の2012年採用実績、3年後の2015年の在籍状況の回答があった1011社のうち、女性採用がゼロの会社を除いた874社でランキングを作成。ただし、このデータは大卒以外も含むことには注意していただきたい。今回も一挙500社をご紹介する。

まず、874社の中から女性が2人以上入社した会社を対象にした定着率のランキングをご紹介する。なお、前回のランキングでは男女合計3人以上が対象だったので、今回は「女性2人以上」とした。トップは3年間誰も辞めていない定着率100%の会社で228社あった。男性の状況とあわせて2012年4月の入社者が多い順に表示した。

知名度が低くても定着率100%

就職四季報プラスワンの過去記事はこちら

定着率100%で入社者がもっとも多かったのは九州電力の51人。『CSR企業総覧』2013年版によると2012年入社は大卒女性が13人。他は短大や高校卒業生などだ。

続いて三陽商会の37人。ただし、同社は2012年に採用がなく、2011年入社、2014年在籍者での回答となっている。以下、豊田自動織機34人、東北電力29人、第一三共26人などが多い。

就活を始めたばかりの学生にはなじみの少ない会社も上位入りしている。24人のNECネッツエスアイはシステム構築やクラウド提供などのビジネスを展開し、CSR活動にも定評がある。最新の2016年版CSR企業ランキングでは総合73位と名だたる企業と肩を並べる高順位で、女性が働きやすい職場としても知られる。

次ページ女性採用が多く好業績の実力派企業が並ぶ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。