卓球シングルス、水谷と福原がベスト4進出

メダル獲得まであと1勝

 8月9日、リオデジャネイロ五輪、卓球の男子シングルス準々決勝、水谷隼(写真)がマルコス・フレイタスを4─2で制し、初のベスト4進出を果たした(2016年 ロイター/Alkis Konstantinidis)

[9日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は9日、男子シングルス準々決勝を行い、水谷隼がマルコス・フレイタス(ポルトガル)を4─2で制し、初のベスト4進出を果たした。

丹羽孝希は張継科(中国)に1─4に敗れた。

女子シングルス準々決勝では、福原愛がフェン・ティアンウェイ(シンガポール)に4─0のストレート勝ちを収め、こちらも自身初のベスト4へ。メダル獲得まであと1勝とした。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。