「記憶力日本一の男」流、忘れない力の鍛錬法

脳が「覚えやすい形」に情報を加工してみよう

ものの数分で52枚のカードの並びを完璧に記憶してしまう池田さん!
ここに、2組のトランプがある。1組は編集者がこれでもかというくらいバラバラに切ったもので、もう1組は1~K(キング)までがキレイに並んでいるものだ。
バラバラになったほうのトランプをおもむろに手に取った池田氏。1分ほどの間、そのカードの並び順を頭から眺めていく。そして次の1分でもう1組を、今まさに覚えた順番に並べ替えてしまった。1枚ずつ答え合わせをしたが、間違いは1つもない。
驚異的な記憶力はどうやって身につけられるのか。また「プロの記憶術」は私たちの日常にどう生かせるのか。『記憶力日本一が教える“ライバルに勝つ”記憶術』の著者・池田義博氏と私・鬼頭政人が語り合った。

 

鬼頭:トランプお見事でした。池田さんは「記憶力日本一」とのことですが、どういう経緯で記憶術を極めることになったのですか?

池田:もともとは私、塾の経営をしていたのですが、新しいカリキュラムを取り入れられないかと思案していたところで出会ったのが「記憶術」でした。なんとなく怪しい印象を持っていましたが、勉強を始めてみると、ちゃんと脳の仕組みを利用する方法論があったりして、案外面白いなと。

それからは、年1回奈良県で行われている全日本の大会に出るようになりました。先ほど行ったトランプの並び順、数列、人の顔と名前の組み合わせ、あとは架空年表の出来事と年号の組み合わせを覚えるものなど、さまざまな競技があります。そこで優勝して「記憶力日本一」になりました。世界大会にも挑戦しています。

歳を重ねても、記録はずっと伸ばしてきた

鬼頭:そんな大会があるのですね。でもそれって、池田さんのもとの記憶力がよかったから優勝できたんじゃないんですか? 年齢的なピークなども関係しそうな気がするのですが……。

池田:いや、僕は記憶力に年齢は関係ないと思っています。僕自身ももういい歳ですが、日本大会では40を超えてから3年連続優勝して、国際大会での記録もずっと伸ばし続けて来られました。衰えはまったく感じません。

そもそも一般の人たちが「記憶力が……」と言い始めるのは、「記憶する力」ではなく「思い出す力」が落ちているからだと思いますよ。

鬼頭:「思い出す力」ですか?

次ページ脳が覚えやすい形に情報を加工する
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。