三菱重工、赤字客船が手離れしても霧晴れず

同業のIHI、川崎重工にも想定外の逆風

三菱重工業は、近年足を引っ張った豪華客船こそ手離れするが、まだ不安材料を多く抱えている

前2016年3月期は「損失」ラッシュとなった総合重機大手。仕切り直しで今期に臨んだが、第1四半期(2016年4~6月期)決算では通期業績予想の下方修正が相次ぐなど、出鼻をくじかれた格好となった。

業界首位の三菱重工業は前期、欧州クルーズ会社向け大型客船2隻の建造工事で1039億円の追加損失が発生し、業績の足を引っ張った。2011年に受注した後、設計のやり直しなどで工期が大幅に遅延していた建造工事だが、今年3月に1番船を引き渡し、2番船も今期中に完成する見通しだ。

第1四半期の赤字は7期ぶり

今期は数年来の「悩みの種」がようやく手離れするが、第1四半期は経常損益が166億円、最終損益が121億円の赤字に陥った。同四半期に赤字となるのは、リーマンショック直後の2009年以来7期ぶりのことだ。円高が進んだことによる為替差損や、6月末まで持ち分法適用会社だった三菱自動車の業績悪化に伴い、持ち分法投資損失を計上したことが響いた。

期初から円高が進んだため、三菱重工は2017年3月期予想の前提となる為替レートを、1ドル110円から105円、1ユーロを125円から115円へ、それぞれ見直した。これに伴い、通期業績予想を売上高4兆3000億円(修正前4兆4000億円)、経常利益2800億円(同3300億円)、最終利益1000億円(同1300億円)へ引き下げた。

今期は収益柱の火力発電向け大型ガスタービンが順調なことなどから、下方修正後も増収増益を確保する見通し。三菱自動車についても、持ち分適用会社から外れたため、第2四半期以降、業績への影響は限定的となる。ただ、「中国など新興国の景気低迷で製鉄機械や、米国の石油・ガス開発投資の低調でコンプレッサーが減速気味」(小口正範CFO)と、円高以外にも不安材料を抱えている状況だ。

次ページ川崎重工業は予想据え置きだが・・・
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。