内村が鉄棒で落下、体操男子予選で日本は4位

団体決勝は8日に

 8月6日、リオデジャネイロ五輪の体操男子予選、第1班の日本は内村航平が鉄棒で落下。合計269.294点の4位で決勝に進出した(2016年 ロイター/Athit Perawongmetha)

[リオデジャネイロ 6日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は6日、体操男子予選を行い、第1班の日本は内村航平が鉄棒で落下するなどミスが続き、合計269.294点の4位で決勝に進出した。

1972年ミュンヘン五輪の加藤沢男以来となる個人総合での連覇を狙う内村は、世界選手権で金メダルを獲得した鉄棒で14.300と得点が伸びず、種目別決勝に進むことができなかった。

内村は終了後、「きょうの演技がもっと自分を強くしてくれると思う」とし、気持ちを切り替えて(決勝では)より良い演技をしたいとコメントした。

中国が合計270.461点で首位通過した。米国が270.405点で続き、269.612点のロシアが3位。

団体決勝は8日に行われる。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。