世界一清潔な羽田空港を作る「プロの仕事」

清掃とは、これほどまでに奥深い

羽田空港はなぜ世界一清潔になったのか?(写真:ucchie79 / PIXTA)
2013年、2014年、2016年と3度にわたり、英国SKYTRAX社による国際空港評価で「世界一清潔な空港」に選ばれた羽田空港。約78万㎡、東京ドーム約17個分という広大な施設をどうやって清掃し、世界でもトップレベルの清潔さを維持しているのか。「環境マイスター」の称号を持ち、清掃スタッフを指導する、『清掃はやさしさ』の著者、新津春子さんに、その極意を聞いた。

「おもてなしの心」で清掃する

羽田空港のエントランスには「PAX INTRANTIBVS SALVS EXEVNTIBVS(訪れる人に安らぎを。去り行く人にしあわせを)」とラテン語で刻まれたモニュメントがあります。

これは、羽田空港ターミナルを運営・管理する日本空港ビルデンググループの理念を象徴する言葉になっています。私が所属する日本空港テクノも、グループの一員であり、清掃もこの理念に基づいておこなわれています。

建物や空間をきれいに保つだけでなく、お客様に心地よい旅をしていただくお手伝いをしているという、「おもてなし」の精神で1人ひとりのスタッフが清掃に取り組んでいます。これがワンランク上の清掃をめざす原動力になっていると思います。

羽田空港は日本の空の玄関口。国内外からたくさんのお客様がいらっしゃいます。外国の方にとっては日本の第一印象を左右する場所でしょう。

ロビーや洗面所が汚れていれば、不潔な国だと思われ、ゴミが見当たらず、清掃が行き届いていれば、日本人はきれい好きで信頼できる国民だと思っていただけるのではないでしょうか。私自身、海外に行った時、そう感じるからです。

次ページ見た目を整えることで自分へもやさしく
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。