今や観光名所に!天神の「豪華すぎトイレ群」

競い合うかのごとく後発組ほど豪華になり…

天神地下街のトイレ(東2番街)書斎をイメージしており、重厚感のある落ち着いた雰囲気になっている(写真:arscinq / PIXTA)

百貨店がひしめく福岡市中心部の天神。「フクオカ流通戦争」と言われる激戦地・天神では、毎年のように商業施設のリニューアルや新規出店が相次いでいる。

各施設が新しくなるたびに力を入れているのが、トイレだ。競い合うかのように後発組ほど豪華になっていく。巨額投資が続く元気な街・福岡のトイレ事情とは――。

連日、記念撮影する人が列をなす「地下街トイレ」

当記事はqBiz 西日本新聞経済電子版の提供記事です

その中でも、ここまでも、とちょっと引いてしまうようなトイレ群が7月1日に完成した。「あり得ない、豪華すぎるぞ」「いかがなものか」……。ツイッターで批判まで寄せられたのが天神地下街にある4カ所の無料公共トイレだ。

周辺の商業施設でも「女性トイレを1・5倍~2倍に拡張、椅子のある化粧スペースを設置」(ソラリアプラザ)、「期間ごとに異なる若手作家の作品で装飾。中央に真っ赤な円形ソファを置く」(福岡パルコ)など、トイレを整備して集客につなげるのが常識となっている。

天神の商業施設「福岡パルコ」新館6階アートトイレ。若手作家の作品を飾る

しかし、地下街トイレの豪華さは、見栄えも質感も「別物」の様相を呈している。そのためか、地下街各トイレの前では連日、記念撮影する人が列をなす。それも中国や台湾、韓国から訪れる観光客が多い。聞いてみると、SNSで拡散されているそうで、屋台とともに、すっかり撮影スポットと化しているのだ。

次ページ「地下街が天神の足を引っ張るようではいけない」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。