中途採用比率&新卒採用比率ランキング

「CSR企業総覧」で読み解く有望企業<8>

中途と新卒の比率がバランス良くとれている会社は活気にあふれている(写真:kou / PIXTA)

大手企業の採用もほぼ終わり、人気企業の第1志望から内定を得られなかった学生も少なくないだろう。なかには、第1志望ではない就職先の内定を決めたものの、「将来、希望の会社に再チャレンジしたい」という思いを持っている人もいるかもしれない。

日本企業は大手を中心に新卒採用が多いと言われる。ただし、近年は人材の流動化も進み、中途採用が増えているという話も聞く。では、今年の就職活動で人気企業から内定を取れなくても将来、中途採用で希望の会社に入社できる可能性はあるのだろうか。

今回は『CSR企業総覧』2016年版に掲載する各社の2014年度(2014年4月から2015年3月)の中途採用人数、2015年4月入社の新卒採用人数の情報を基に、中途採用比率、新卒採用比率を算出。中途採用が多い(中途採用比率が高い)会社、新卒採用が多い(新卒採用比率が高い)会社をそれぞれトップ50でランキングした。あくまで「単年度の数値」ではあるが、大手企業の採用で中途と新卒のバランスがどうなっているのかを見てほしい。

平均中途採用率は28.5%

就職四季報プラスワンの記事一覧はこちら

対象は中途と新卒の採用人数を開示している786社のうち、合計で50人以上採用している450社。全社の平均値は中途採用比率が28.5 %、新卒採用比率が71.5%だった。この450社には大手企業が多く含まれるが、採用全体の7割以上が新卒ということがわかった。

続いて、それぞれのランキングの顔ぶれを紹介する。

まずは中途採用比率ランキング。1位は中途採用比率97.7%の日本オラクルだった。2014年度の中途採用209人(M&Aの増員含む)に対して、2015年4月の新卒入社は5人と中途が圧倒的に多い。ただ、新卒採用も2014年46人、2013年20人と定期的に行っているので2015年は例外的であるかもしれないことには注意が必要だ。

2位はアズマハウスの97.6 %。中途採用81人、新卒採用2人だった。和歌山地盤の総合不動産会社の同社は分譲住宅、注文住宅が主力で、ホテルやサービス付き高齢者住宅なども手がける。

直近の2016年3月期は売上高109億円で11億円の営業利益で売上高営業利益率10.9%という高い利益率を誇る好業績企業だ。内部監査部門や社外の内部通報窓口なども設置しておりコンプライアンス体制も整備されている。

次ページANAも中途採用が新卒の4倍
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。