ポケモンGO、日本での20日のローンチを延期

ゲームに過剰な負担がかかる恐れがあるため

 7月20日、IT系ニュースサイトのテッククランチは、関係筋の話として、同日に予定されていた「ポケモンGO(ゴー)」の日本でのローンチが延期されたと報じた。写真はニューヨークで11日撮影(2016年 ロイター/Mark Kauzlarich)

[東京 20日 ロイター] - IT系ニュースサイトのテッククランチは20日、関係筋の話として、同日に予定されていた「ポケモンGO(ゴー)」の日本でのローンチが延期されたと報じた。日本での解禁をめぐって事前の騒ぎが過熱し、ゲームの提供に過大な負担がかかる恐れがあるため、としている。テッククランチは19日に、ポケモンGOの日本でのサービスが20日に始まると報じていた。いつローンチされるかについての情報はないとしている。

テッククランチによると、ポケモンGOは当初、20日朝に日本でのサービスが始まる予定だった。しかし、同ゲームのスポンサー企業になる日本マクドナルドホールディングス<2702.T>から、サービス開始に関する社内メールが日本の情報投稿サイト「2ちゃんねる」に流出したことなどから延期が決まった、とテッククランチは報じている。

この報道について、日本マクドナルド側は「発表できることは何もない」(広報)としている。

日本マクドナルドの株価はポケモンGOが20日に日本でローンチされるとの報道を受け前日比で一時14%高となったが、延期の情報が流れると上げ幅を縮小した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。