伝家の「アメリカ放題」は、なぜ炎上したのか

終了わずか半月で無料キャンペーンを再開

スプリントを傘下に持つソフトバンクの伝家の宝刀ともいえるサービスが「アメリカ放題」。このキャンペーン終了をめぐって、いったい何が起きたのだろうか

ソフトバンクが大きな失態をしでかした。問題が起きたのは、申し込み不要・月額利用料無料で米国での音声通話・データ通信ができる期間限定のオプションサービス「アメリカ放題」。6月末に無料キャンペーンを終了し有料化したのだが、突然高額の通信料請求があったことにユーザーからの苦情が殺到。半月後の7月15日には「無料キャンペーン再開」を宣言した。しかも7月1日にさかのぼってキャンペーンを再開するというのだ。

失態を認めて無料化したことは評価するべきだろう。しかし、問題はなぜこのようなことが起きたのか、だ。

ソフトバンクならではのキャンペーンだった

そもそも「アメリカ放題 サービス開始記念キャンペーン」は2014年9月に開始した、ソフトバンクの全顧客が申し込み不要・月額利用料無料で米国内での音声通話・データ通信をできるオプションサービス。ソフトバンクの米子会社スプリントの通信網を使うことで実現したものだった。米国の通信会社を傘下に持たないNTTドコモやKDDIにはないサービスであり、いわば"伝家の宝刀"だ。「渡米することが多いので、『アメリカ放題』のあるソフトバンクにした」という顧客が存在するほど人気化した。

ソフトバンクは「『アメリカ放題』の認知度向上のために申し込み不要・月額利用料無料のキャンペーンをしてきたが、認知度は十分高まった」と判断し、6月末にキャンペーンを終了することを決定した。

データ通信量が月5ギガバイト以上で契約している顧客の場合は、7月1日以降も申し込み不要・月額利用料無料で米国での音声通話・データ通信ができる。それに対し、月5ギガバイト未満で契約している顧客や、1時〜21時まで国内通話し放題の「ホワイトプラン」を契約している顧客は、「アメリカ放題」に申し込めば月額980円、契約しなければデータ通信に1日最大2980円(「海外パケットし放題」の25メガバイト以上の料金設定。25メガバイト未満は最大1980円)の利用料金がかかるようになった。

次ページ失ったものは決して小さくはない
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
50歳から考える<br>定年後の仕事選び

健康なら80歳まで働ける時代。60歳の定年からでも20年、50代で転身したら30年近くある。発想を変えれば、あなたの人生は変わる。生涯現役で働きたい人に役立つ情報が満載。