子どもに「お金の話」をするなら手紙が一番だ

米国で広がるマネーレターの意義

「マネーレター」を書いて家族に渡すことの意義とは?(写真: Jared Soares/The New York Times)

高校卒業のお祝いに何が欲しいか、ジョー・オリバーが姪に尋ねると、彼女は「ギフトカードで2000~3000ドル欲しい」と答えた。オリバーは代わりに手紙を送った。

姪っ子を溺愛するオリバーが送った手紙には、彼女がやるべきことのリストが書かれていた。まず、お金の管理についての本を2冊送ったので、それを読んで、それぞれ1ページずつレポートを書くこと。その後で、会計学の講座を受講し、テストに合格すること。それが終わった段階で、オリバーは姪の名前で預金口座を開き、お金をいくらか入れると伝えた。

「マネーレター」とは何か

私は先月の記事で、「マネーレター」を書いて、家族に渡すことの意義について述べた。マネーレターとは、親や親戚が自ら苦労して学んだお金についての知恵を、子どもに伝える手紙だ。私は読者に、自分が書いたり受け取ったりしたマネーレターを、私にも送ってほしいと頼んだ。

送られてきた手紙には、お金との関わり方や、お金にかかわるさまざまな視点が表れていた。以下で、そのうちの5つを紹介する。あなたがマネーレターを書くときの参考にしてもらいたい。

オリバーが手紙を送ることにしたのは、お金について姪っ子に話しても、右の耳から左の耳へ抜けてしまうのではないかと思ったからだ。「いまの子供たちを座らせて話を聞かせようとしても、彼らの集中力が続く時間はブヨ程度でしかなく、すぐにうつろな目つきになる」と、彼は言う。

55歳になるオリバーは、手紙を書いているときは真剣になったと話す。姪は今年、ルイジアナ大学ラフィエット校に進学予定だ。オリバーは、「お金の問題には多くの感情が絡んでいる」と言う。家庭ではお金が足りないことが争いのもとになる。「いつも足りないと言っていて、子どもたちにはその感覚が染み込む」。

そして、長い間そうした状態でいたあとで、ようやく責任をもってお金を管理できる知識を習得する。ずっとお金に感情で向き合ってきたのだとしたら、大学進学のためにいくら借りるか、入学後や卒業後に何にお金を使うかに関して、ときに感情的な意思決定をしてしまうのも当然のことだ。

次ページ手紙を書くのに必要なことは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。