反安倍票を掘り起こす共産「不破人気」の威力

不破氏は共産党公認候補以外の応援にも

7月6日、JR関内駅(横浜市)で応援演説を行う不破哲三氏(筆者撮影)

「今度の選挙は野党と市民が一緒になって総がかりで安倍政権とたちむかう、日本の政治の中で初めて行われる選挙だ。私は1960年代からずっと国政の選挙に携わってきたが、このように他の党と肩を並べて、そしてまた他の党の候補を応援したことは一度もなかった。しかし今度は違う。かつてないことが日本の政治の中で起こっている」

日本共産党前中央委員会議長である不破哲三氏は7月6日、JR関内駅南口で同党の浅賀由香候補の応援演説を行った。86歳とは思えぬ張りのある声で、30分以上も観衆に訴えた。

2014年12月の衆院選で表舞台に

不破氏はその前日に山梨県・甲府市内で演説し、野党統一候補の宮沢由佳氏を応援したばかり。8日には埼玉選挙区に入り、JR浦和駅前で共産党の伊藤岳候補を応援する予定だ。

2006年1月に同党中央委員会議長を辞した不破氏が9年ぶりに姿を見せたのは、2014年12月の衆院選だった。京都1区と沖縄1区の共産党候補を応援するためだったが、とりわけ京都では夫人とともに街宣車に乗り込み、寒い中で長時間立ったまま演説を行い、四条河原町に集まった5200人を熱狂させている。

次ページ神奈川と埼玉はあとひと押しの状態
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。