日本で児童ポルノ犯罪者の更生が難しい理由

刑務所の更生プログラムも効果薄…

性犯罪者への再犯防止支援が乏しいのが現状(撮影:今井康一)

「友人はたくさんいましたが、(児童ポルノのことは)しゃべれない。闇の部分を自分一人で抱えるしかありませんでした」

証言台の被告人は、真面目そうな中年男性だった。聞けば、元妻との間に2人の子どもがおり、事件の数カ月前までは結婚目前だった恋人もいたという。しかし、その裏で女児に対する暗い執着を抑えられなかった……。

ネットのアダルト掲示板に10歳未満と見られる少女の裸画像など4点をアップしたとして、児童ポルノ法違反の罪に問われた無職の男性の裁判で、東京地裁は6月29日、「身勝手としか言いようがない」として、懲役1年4カ月(求刑・懲役2年)の実刑判決を下した。

「収集することに快感があるのかもしれない」

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

男性が児童ポルノの収集を始めたのは2014年。匿名通信システム「Tor」を使い、海外サイトからダウンロードを重ねてきた。2年ほどで児童ポルノと疑われる「コレクション」は5万点を超えたという。

男性は6月16日に開かれた公判で、収集の理由について以下のように語っていた。

「ダウンロードだけでも違法なのは知っていました。表立ってしなければ、見つからなければ、という甘い考えがありました。これまでもヒーローもののフィギュアなどを集めていて、収集することに快感があったのかも知れません。自分は収集癖が強い」

2016年に入って、ネットの掲示板に児童ポルノ画像をアップロード。「好意的な反応をしてくれる人もいて、妙な仲間意識を感じていました」といい、計4回繰り返した。画像を発見したサイバーパトロールが、IPアドレスから男性を割り出した。

次ページ精神科に行っても「門前払い」されることも
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。