福岡の「楽園企業」は社員をここまで休ませる

社員満足最優先でも儲かる会社はつくれる!

福岡の都市部からは離れているこちらの会社に、就活生が興味津々になるワケとは?
残業なし、休日出勤なし、有給休暇の完全消化、週休2日制。平日・休日、昼・夜を問わずハードな建設業界の中で、20年前から異例の充実した福利厚生を実践してきた会社が、福岡にある。拓新産業だ。
都市部から離れているうえ、新卒採用枠は2、3人。にもかかわらず、毎年数百人もの学生が押し寄せる。「社員満足主義」を掲げ、働きやすい職場づくりに取り組んできた一方で、創業以来、40期連続最終黒字を達成している。同社の藤河次宏社長に、職場改善の経緯から現状まで、余すところなく聞いた。

 

――「社員満足主義」を掲げるきっかけは何だったのでしょう?

30歳のとき、工事現場で使われる足場などの建材販売からスタートし、10年後にレンタル業に転身しました。そろそろ新卒を採用しようと、学生向けの合同企業説明会に参加したものの、中小企業50社ほどのブースが並ぶ中、当社のブースには誰も来なかった。悔しいやら情けないやら、「うちはそんなに魅力がないのか」と愕然としましたね。

そこで、学生にとって魅力ある会社になるべく、30年前に職場改善に乗り出した。当時モデルにする会社はなくて、自分で労働基準法などの法規を勉強しました。

幹部は戦々恐々、若手は疑心暗鬼だったが

この連載の記事一覧はこちら

――どう進めたのでしょう?

まず掲げたのは、完全週休2日制と有給休暇の100%消化。社員からは猛反対にあいましたよ。幹部は「自分たちにシワ寄せがくる」、若手は「評価に影響するんじゃないか」と疑心暗鬼になり、営業からは「顧客にそんなこと言えない」と、総スカン。でも反対する社員に「これまで通りがいいのか?」と聞くと、皆「休みが増えたほうがいい」と。ならば実現するために動こうと、課題一つひとつと向き合い解決策を探りました。

有休消化が悪い人は3カ月ごとに皆が集まる場で名前を読み上げ、とにかく取得するよう徹底したところ、3年ほどで浸透しました。次に残業ゼロ、休日出勤ゼロに取り組み、20年前からほぼすべてを実現しています。

――学生の反応は変わりましたか?

目に見えて変わりましたよ。当社は都心から車で1時間ほどの郊外にありますが、福利厚生が評判となり、毎年2、3人の採用枠に数百人もリクルートスーツの学生が押し寄せる。ちょっと珍しい光景なので、テレビで取り上げられたこともあります。当初社内でいろいろ反発にあっても、年々入社希望者が増えていくことだけが頼りでした。

次ページ上司の「自分がいないとダメだ」は勘違いだ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。