新型iPhoneの目玉機能はLINEのモノマネ?

LINEでうまくいった機能を時間差で取り込み

アップルは、米国サンフランシスコで開催されたWWDC2016で新OSを明らかにした(著者撮影)

アップルは、6月13日の「WWDC2016」で、秋に登場予定の新しいiPhone向けの新OS、「iOS 10」を発表した(関連記事)。基調講演の中で10にわたって新機能を紹介したが、その中で最も注目すべきは、まったく新たに生まれ変わる、最も基本的なアプリ「メッセージ」だった。

メッセージが「キラキラ」で「メガ盛り」に!

iPhoneの標準アプリ「メッセージ」には、電話番号でやり取りできる「SMS」と、電話番号やApple IDのメールアドレスでやり取りができる「iMessage」の2つの機能がある。

特に後者は、端末間でしか解けない暗号化や、グループメッセージなど、アップルのセキュリティとプライバシー重視の姿勢をアピールする1つの材料となっていた。写真やビデオ、音声などの添付は可能だったが、ごく一般的なメッセージアプリの域を出ない、「堅い」アプリだった。

だが、iOS 10のメッセージアプリは、まったく変わる。

絵文字の表現やスタンプなどの非言語メッセージの強化、写真や文字を含めた装飾性やインタラクション(対話形式)の追加、そして画面全体に広がるダイナミックなアニメーションが追加された。若々しく、エネルギッシュな表現力を手に入れて、生まれ変わったのだ。

もう少し世代を意識した言葉を使えば、「キラキラ」で「メガ盛り」。明らかに、若い世代に振り向いてもらおう、という狙いを見いだせる。

「メッセージ」の新機能を解説しよう。

次ページ新「メッセージ」の全機能を紹介!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。