英国、EU離脱で欧州諸国から受ける「報復」

そう簡単に抜けれると思ったら大間違い

(写真:Andrew Testa/The New York Times)

英国がEU(欧州連合)を離脱する可能性について、他のEU諸国は信じられない思いと恐怖感とをもって見守っている。しかし同時に、彼らは報復の準備も始めている。

欧州の政府関係者やアナリストらによると、もし英国が6月23日の国民投票でEU離脱の選択をしたならば、厳しく容赦のない反応が返ってくる可能性があるという。それは、英国にならって他の国々がEUを離脱するのを防ぐためだ。

加盟国が被る痛手

言い換えると、英国はその選択の報いを受けることになる。

ギリシャの債務や移民問題やテロなど、他にも緊急の問題を抱える中、主要欧州諸国は事態の明確化を求め、国民投票後の長期間の混乱は容認しないと思われる。

ドイツのウォルフガング・ショイブレ財務相は、シュピーゲル誌で次のように語った。「残留なら残留、離脱なら離脱だ。最終的には、英国がEUを離脱しないことを願っているし、そうなるだろうと信じている。英国のEU離脱は、欧州にとって巨大な損失となる」。

ドナルド・トゥスクEU大統領は、「Breixt(ブリグジット)」と呼ばれる英国のEU離脱について、この世の終わりであるかのように話した。ドイツのタブロイド紙「ビルト」で同大統領は、「EUのすべての加盟国が痛手をこうむり、また、これまで平和を維持してきた欧州の戦後体制も傷つくだろう」と述べた。

次ページEU離脱の長期的な影響は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。