「トットてれび」満島ひかりが好評のワケ

黒柳徹子も太鼓判

「トットてれび」にハマる人が急増中(撮影:藏澄侑希)

思わず“懐かしい!”と叫びたくなる昭和の空気感の中、テレビの中で輝きを放つ黒柳徹子(=満島ひかり)と、全力で支えるスタッフたち。まさに本気で作り上げた60年前のテレビは、夢と刺激でいっぱいだった。無数のルールに縛られる今、誰しもが胸躍らす時代を描いた「トットてれび」(NHK総合・土曜夜8時15分)に魅了され、ハマる人が急増中。

原作は黒柳のエッセイ『トットひとり』『トットチャンネル』。昭和28年、NHKの専属俳優となった徹子の波瀾万丈の人生を通して、テレビの歴史をひも解いていく。

注目はキャスティング。「満島さんが私をやってくださるなら」と本人も太鼓判の満島が黒柳を熱演。2人の縁は深く、朝ドラ「おひさま」で満島の役柄の晩年を黒柳が演じたことも。「まさか徹子さんを演じることになるとは」と驚くも連日の撮影を楽しんでいるそう。

永六輔(新井浩文)や植木等(坪倉由幸)、篠山紀信(青木崇高)など黒柳と親交のあった人たちもゲストキャラで登場。外見は違えど、なぜか本人に見える絶妙な演技は必見だ。

ほかにも、衣装やセットなど、当時を細部まで忠実に再現。テレビ草創期の愛と熱量にあふれる“トットワールド”を、制作統括の加賀田透プロデューサーに語ってもらった。

本人が憑依!?満島がすっかり“徹子脳”に!?

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

話し方やたたずまいまでそっくりと評判の満島“徹子”の演技。

「満島さんには、事前に黒柳さんの昔の映像や資料をお渡しして見ていただきました。基本的にはものまねではなく、黒柳さんの持っている本質や精神的なものを表現してほしいとお願いして。難しい作業だったと思います。

でも、見事なのが満島さんのアドリブを黒柳さんが聞いたとき、“何かいかにも私が言いそうなことね(笑)”と面白がっていただいて。ご本人にそう言っていただくなんて一番じゃないですか。黒柳さん的思考回路にまでなりきって演じられているのは、すごいなって驚きましたね」

次ページ当時のセットもリアルに再現
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。