岩田剛典「王子様キャラは今しかできない」

「植物図鑑」では甘いセリフに苦心も

今作を「見たら恋をしたくなる映画」と語る岩田剛典氏

EXILE、三代目J Soul Brothersのパフォーマーとしてステージで輝きを放ちながら、俳優としても着実にステップアップを続ける岩田剛典。彼にとって特別な作品のひとつとなった初主演映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』が6月4日に公開された。

「拾ってください」って、自分なら言えないです

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

「今朝はサンドイッチを食べました。用意していただいた。最近、料理はしないですね。今年に入ってから包丁を手にしたのは、カラスミを切ったときくらい(笑)」

《よかったら僕を拾ってくれませんか? 噛みません、しつけのできた良い子です》

仕事もプライベートもうまくいっていないヒロインのさやか(高畑充希)が、マンションの駐輪場に空腹でうずくまる樹を拾うことから始まるラブストーリー。原作の有川浩曰く“豆柴のよう”な愛らしさを持つ岩ちゃんが見せる樹の無邪気な笑顔で、一瞬にして作品の世界に引き込まれていく。

「“拾ってください”って、自分なら言えないです。というよりも、あそこはファンタジーの部分なので(笑)。樹って、比喩を使った甘いセリフが多いんです。それを、いかに会話の中で自然に話すかということには苦労しました。

僕なら、まず思い浮かばない言葉だし、“素”ではとても言えない(笑)。ふだんは、どちらかと言えばストレートな表現をすることが多いです」

《頑張れさやかって、入浴剤が言っているよ》

《好きなのって、オレの料理だけ?》

次ページ作中の料理シーンは、なかなかの腕
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
IS掃討後も混沌続く中東

IS(イスラム国)の敗退が明らかになりつつある。その掃討に貢献したクルド人勢力が独立の動きを見せ、中東の新たな火種に。特にイラクとシリアで一層の混乱が懸念されている。