フロリダ乱射事件、容疑者の妻を訴追へ

事前に計画知っていた疑い

 6月14日、捜査関係者によると、米フロリダ州オーランドで起きた乱射事件で、容疑者の妻が攻撃計画を事前に知っていた疑いが強まり、近く訴追される可能性がある。事件現場で12日撮影(2016年 ロイター/Carlo Allegri)

[オーランド(米フロリダ州) 14日 ロイター] - 米フロリダ州オーランドの同性愛者向けナイトクラブで49人が死亡した乱射事件で、死亡したオマル・マティーン容疑者の妻が攻撃計画を事前に知っていた疑いが強まり、近く訴追される可能性があるという。捜査関係者が14日明らかにした。

関係者によると、既に連邦大陪審で手続きが行われており、15日にも訴追される可能性があるという。

フォックスニュース電子版は連邦捜査局(FBI)関係筋の話として、妻が捜査当局に攻撃計画について知らせなかったなどとして、検察が訴追する意向だと伝えた。

NBCニュースは、妻がマティーン容疑者に攻撃をやめさせようと説得していたと報道。一方で、妻がFBIに対し、容疑者が事件現場のナイトクラブを下見するために車で送ったことがあると話したとも伝えた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。