「自分だけ得したい人たち」から身を守る技術

不機嫌な彼らに振り回されてはいけない

トラブルメーカーへの対抗手段を知っておくことも、重要なスキルです(撮影:尾形文繁)
会社のために、おのおのが協力して成果を上げようとするのが、職場の理想の姿です。ところが、現実の職場には、成果や利益を独り占めしようとする人たちが、少なからず存在します。他人の仕事に「タダ乗り」したがる人たちです。
自分が損をしそうになると過敏に反応する彼らは、ときに、権力者の威光を振りかざし、あるいは、親切なフリをして、他人の成果を掠め取るチャンスを虎視眈々と狙っています。
彼らの「タダ乗り」を許さずに、あなたの成果を守る方法を、『職場にいる不機嫌な人たち』の著者で、精神科医の西多昌規さんに教えてもらいました。

 

驚くほど人望がない「自分だけ得したい」5タイプ

あなたの職場に、次のような同僚はいませんか?

①「この経験はあなたのためになるから」と利益薄の仕事を振ってくる人
② 偉い人の権威を持ちだして、仕事を押し付けてくる人
③ 成果を挙げられない部下を「使えない」と切り捨てる人
④ 誘いを断られるとむくれる人
⑤ 自分の欠点を武器に居直る人

 

「いるいる! これって、あそこの部署の○○さんのことだ!」と、いくつか頭に浮かんだ顔があるのではないでしょうか。

彼らは、ひとことで言えば、「自分だけが得をしたい」という欲求を抑えられない人たち。自分の「損得」に過剰なまでに敏感で、自分が損をしそうになると、とたんに不機嫌を表すタイプの人たちです。

不機嫌な態度をとれば職場で浮くことは、少し考えれば誰にでもわかりそうなものです。しかし、「自分だけは損したくない」「得をしたい」「あわよくば他人が挙げた成果にタダ乗りしたい」という身勝手な誘惑に勝てないのが彼ら。不機嫌な態度を振りかざし、なんとか自分だけ利益を得ようとします。自分さえ安泰ならば、組織や同僚がどうなろうと知ったことではなく、職場では人望がまったくないタイプです。

身勝手な彼らに、あなたが努力して挙げた成績や利益を横取りされないためには、どうすればよいのでしょうか。先ほど、例として挙げた5つのタイプについて、以下で詳しく見ていきましょう。

次ページ「あなたのため」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。