エンジニアは精神的に苦しいことが多い

人間ドックの季節に思うこと

年に1回、健康診断がありますよね。ですが、ある程度の年齢になると、健康診断に代わって人間ドックの受診を会社から促されます。

IT業界は夜遅くまで働く人が多く、生活が不規則になりがちです。そのため、受診後の結果に問題が見つかる人もちらほら。

「コレステロールでひっかかりました」「ちょっとメタボの恐れが」「夜食のせいで太ってきたみたい」などなど。

若いうちは多少の忙しさは体力で乗り切れますが、ずっとこのままだと体の健康が心配。残業を減らして生活習慣を見直さないと、この先しんどくなります。

年に1度、体のことを考えるいい機会でもありますね。

でもまあ、こういうケースはまだ良い方。「最近、生きる意味について考えています……」これはもう精神的に病んでる状態。顧客要望や開発の進捗、納期に予算、品質管理など、システム開発はとにかく精神的な負担が大きい仕事。こうなってきたら、産業医と相談して休養に入った方が良いですね。

健康は、生活すべての資本となるもの。末永く働けるよう、ケアしていくことが大事です。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。