エンジニアの夏の服装は、まるでリゾート地

アロハシャツだって許される?

ただいま、梅雨のジメジメした季節の真っ最中。今年の夏もかなり気温が上がりそうです。

最近は固い会社であっても「クールビズ」が広まっており、6月からはノージャケット、ノーネクタイでの通勤も当たり前になってきました。やはり、男性にとっては、この夏の暑い時期にネクタイを締めて歩き回るのは大変なようです。

得意先へ訪問する際は、きちんとした格好をするべきだ、と主張する人もいますが、最近ではノーネクタイも許されるようになっているようです。とはいえ、クールビズであっても基本形は、あくまでスーツ。多少くだけた格好が許されたとしても、襟のないシャツ、短パン、サンダルを禁止にするなど、最低限のドレスコードがある職場が大多数だと思います。

ところが、エンジニアの世界は無法地帯のようです。夏の職場はくだけまくりで、びっくりします。基本みなさん、Tシャツに短パン、裸足にサンダルという涼しい恰好。課長に至ってはアロハシャツでのご出勤。なぜか髪の色まで違います!

こうなると、もうノーネクタイどころのお話ではありません。お客様に会う機会が少ない職場のため、放っておくと、どんどんリゾートのような格好になりがちなんです。もちろん、お客さんに会う時にはそれなりの服装は整えますが、社内で開発作業している間は、仕事をしやすいファッションがいちばんなのです。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。