裁判所がジョニー・デップに接近禁止命令

妻アンバー・ハードが「日常的なDV」を主張

 5月27日、米人気俳優ジョニー・デップさんとの離婚を申請した妻で女優のアンバー・ハード(写真右)さんが、デップさんから家庭内暴力(DV)を受けていたとしてロサンゼルスの裁判所に接近禁止命令を求める申し立てを行った。ロサンゼルスの裁判所で撮影(2016年 ロイター/Rollo Ross)

[ロサンゼルス 27日 ロイター] - 米人気俳優ジョニー・デップさん(52)との離婚を申請した妻で女優のアンバー・ハードさん(30)が27日、デップさんから家庭内暴力(DV)を受けていたとしてロサンゼルスの裁判所に接近禁止命令を求める申し立てを行った。

裁判所はデップさんに対し、一時的な接近禁止命令を発令し、ハードさんの100ヤード(約91メートル)以内に近づくことを禁じた。

ハードさんはデップさんから日常的に言葉による暴力や精神的、身体的DVを受けていたと主張。証拠として、負傷した自身の顔写真を裁判所に提出した。

ハードさんはまた、月5万ドル(約550万円)の配偶者手当も求めている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。