デジカメ時代に「チェキ」がなぜ人気?

開発と販促の裏側を探る

カメラのデジタル化に押され、全盛期だった1997年のたった4%程度にまで縮んでしまった写真フィルム市場。しかし、その波を押し返して販売台数を伸ばしているフィルムカメラがある。撮ったその場でカードサイズのプリントができる、富士フイルムのインスタントカメラ「チェキ」シリーズだ。
世界で一枚だけの味のある写真が、その場でプリントできる特長を武器に、結婚式などイベント用に根強い人気を誇る。販売台数は2009年度の49万台から右肩上がり。近年は特に中国や韓国など東アジアの若い女性を中心に火が付き、日本でも人気を呼んでいる。
フィルムカメラを知らないデジタル世代に、アナログなインスタントフィルムカメラがなぜ、ウケているのか。11月に発売となった新製品「instax mini8」の開発責任者である富士フイルムイメージング事業部の坂田憲彦担当部長(=写真左=)と、同事業部で販促等を担当する渡邊美恵子氏に聞いた。


――新製品「instax mini 8」が発売となりました。

坂田 世界で一番“カワイイ”カメラを目指しました。

特に10代、20代前半の若い女性を意識して、5色のカラーバリエーションを作るなど、製品の色づかいやデザインにこだわりました。見た目もかわいく、撮れる写真もカワイイというチェキの特徴を際立たせることができたと思います。

もともとチェキは白飛びしたいい風合いの写真が撮れるのですが、新機種ではその機能をさらに進化させた「ハイキーモード」という新機能も加えました。通常より絞りを3分の2程度開けることで、より白飛びした「ハイキー」な写真が撮れます。

カメラというより「カワイイ雑貨」

パッケージにも5人の原宿系のモデルを起用して、カメラというよりも「カワイイ雑貨」が売っているというようなマーケティングを意識しました。

渡邊 メインユーザーである若い女性のなかでも、デジカメやスマホがこれだけ普及している中でチェキを使いたい人はどんな人だろうかと考えていくと、一工夫をして人とは違う個性を出したい、友だち同士でコミュニケーションをとって楽しく過ごしたいといった女性像が浮かび上がってきました。

そのようなライフスタイルを持っているのは、個性的なファッションを楽しんでいる原宿系の女の子たちです。もちろん、原宿だけでなく、韓国だったら明洞、中国だったら上海のように、世界各地には同じような価値観を持った女の子がたくさんいます。

そういったターゲットに訴求するため、原宿系のモデルをパッケージに起用しました。

次ページ韓国で人気に火が点いたワケは?
関連記事
Topic Board トピックボード
このページのトップへ
Trend Library トレンドライブラリー
Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • いいね!
トレンドウォッチ
先手必勝の就活

選考時期が大幅に“後ろ倒し”される、2016年卒の就活。だが、企業はもう動いている。売り手市場でも油断禁物。年明けからでは遅い。どこよりも早い就活情報で万全の準備を。

巻頭特集:
ファンドはなぜ電機を買うのか

Video空飛ぶ自撮りツール、Nixieがやっ