ランボルギーニの運転はどれだけ難しいのか

運転教室で体感した600馬力超マシンの実力

イタリア・リビーニョで開催されたイベントをお伝えする
スーパーカーが持つ過激なパフォーマンスをフルで堪能したいと願うなら、ランボルギーニが主催する「ウィンター・アカデミア」を受講してみるのはいかがだろう。600psを発揮する猛牛を自在に操り、ドリフトさせることだって可能だ。イタリア・リビーニョで開催されたイベントの模様を前後編に分けてお伝えする。今回はその後編。

 

前編:1日60万円!ランボルギーニ運転教室の正体

ランボルギーニがズラリ16台

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

イタリア・リビーニョでのウィンター・アカデミアは、街外れにあるアイスドライビング・スクールのコースを用いて開催される。アカデミアを運営するランボルギーニ・スクアドラコルセ(彼らはアカデミアのほかにウラカンによるワンメイクレースやGT3カーでのレース活動も行う、ランボルギーニのモータースポーツ部門でもある)が用意したのはウラカンLP610-4、アヴェンタドールLP700-4、アヴェンタドールLP750-4 SVの3モデル、計16台。

いっぽうで参加者は14名。「ということは、ひとり1台以上? なんてゼイタクな!」と思われるかもしれないが、インストラクターはピーターを含めて全部で7名。しかも参加者がドライブするときは必ずインストラクターが同乗しなければいけないので、実質的に稼働するのは16台中の6台のみ。

というわけでふたりないし3人で1台のランボルギーニをシェアする格好となる。とはいえ、この種のドライビングスクールにしては、待ち時間はかなり少ないほうだ。

次ページどのようなレッスン内容なのか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?