三越日本橋本店、改装に200億円も掛けるワケ

本館1階のテーマは「白く輝く森」に

三越日本橋本店の中央ホール。文化審議会から「意匠的に優秀」と評価された

「過去の資料を色々調べたが、きちんとした記録が出てこない。少なくとも30年以上ぶりの全館リモデルになる」

5月23日に開催された三越日本橋本店(東京・中央区)のリモデル(再開発)発表の場で、中陽次店長は記者に向けて語った。

トータルで200億円前後を投資

百貨店首位の三越伊勢丹ホールディングスは、伊勢丹新宿本店と並ぶ旗艦店である三越日本橋本店の全館リモデルを発表。第1期の工期は2016年度下期から2018年春まで、120億円を投資する。その後も改装を続け、すべて完了後のグランドオープンは2020年春、トータルでは200億円前後の投資を予定している。2004年に日本橋店の新館をオープンした際などに本館も一部改装したことはあったが、全館リモデルとなると冒頭の中店長の発言のように久々の大規模改装になる。

「何でもあるが何もない」は、百貨店を揶揄する言葉として一般的に使われている。2015年の全国の百貨店売り上げは6兆1742億円と2年連続減少(暦年ベース、日本百貨店協会調べ)。1991年のピーク9.7兆円から6割の水準にまで落ち込んでいる。

その中で日本橋店は勝ち組として健闘。年配の富裕層に強く、2015年度の売上高は1683億円と、全国百貨店の中でも伊勢丹新宿本店(売上高2724億円)、阪急うめだ本店(2183億円)、西武池袋本店(1900億円)に次ぐ4位。だが、課題として顧客層の高齢化や、古臭いイメージがつきまとい、新しい方向性を模索していた。

次ページ来たれ、文化好きの40代
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。