フェイスブックの「ボット」は使えるのか?

なかなか増えない参加メディア

今回の新サービスは準備不足の状態でスタートしたのかもしれない(Illustration:Pcanzo / PIXTA)

チャットにおけるボット(bot)は、パブリッシング界の一大事だと考えられている。

フェイスブックが2016年4月に、アプリ「Messenger」のボットプラットフォームを発表。あわせて、「CNN」「ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)」、そしてお天気サービスの「ポンチョ」といったローンチパートナーを公表したことで、ボットの製品化は大きく前進した。第一陣に加われなかったほかの企業もこの機会に乗じ、自分たちもユーザーとの交流(および記事のプッシュ通知)のために、まもなくボットを提供すると急いで発表している。

フェイスブックの準備不足?

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

しかし、それ以降、ボットのリストは、ローンチ時点で提供された一部のパブリッシャーとブランドから、大きくは増えていない。理由はいくつかある。パブリッシャーの複数の開発者によると、フェイスブックはボット登録の殺到に備えていなかったらしく、いま彼らはひたすらゴーサインを待っている状態だという。ある開発者は、「フェイスブックはすべての登録を受けつけて、承認できるだけの備えができていない」と、話す。

また、フェイスブックはF8開発者会議での発表を除けば、ボットをあまり売り込んでいない。「ポンチョ」を開発したベータワークスのCEO、ジョン・ボースウィック氏によると、「Messenger」の一部ユーザーには人や団体を検索したときにボットが表示されるが、それ以外のユーザーはボットを探し回る必要がある。「ボットをいかにリリースして、プロモーションするべきなのか、フェイスブックはようやく考えはじめたばかりだ」と、ボースウィック氏は話している。

次ページパブリッシャー側の実情
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
リクルート<br>覚悟の海外展開

リクルートの海外事業が絶好調だ。海外の人材派遣事業を買収し、急成長している。目標は2020年までに人材事業で世界一。海外事業をゼロから育てた2人のキーマンに迫る。