遠慮不要!「やけっぱち英会話」のすごい威力

「自己流の文例」だけで押し通そう

英語学習、二度と挫折しないための方法とは(写真:Graphs / PIXTA)
なぜ日本人はこれほどまでに英語に挫折するのか。『もうこれで英語に挫折しない マッキンゼーで14年間活躍できた私は英語をどう身につけたか』で、二度と挫折しないための方法を提案するコンサルタントの赤羽雄二氏が、その秘訣をご紹介します。

自分にあった文例集を作って、それだけを使う

私はマッキンゼーに入ってビジネス英語を話さなければならなくなったとき、必要な文例を一覧表にして、ただそれだけを使っていました。会話の本は多数出ていて私自身も数冊は買ったのですが、どれも分量が多すぎて到底覚えきれる気がしなかったからです。

そういった自分の経験に基づき、ビジネスパーソンがこれだけは覚えて使った方がよいという文例をいくつかご紹介しましょう。

(プレゼンテーションで)

We believe our strength is ~~(私どもの強みは ~)

Our weakness would be, I would say, ~~(私どもの課題は ~)

There are four members in my team. I’m the director in charge of the project.(私のチームには4名おります。私がリーダーです。)
(会議で揉めたとき)

●We should calm down. Let’s not fight here.(ちょっと落ち着きましょう。ここで言い争いしても始まりません。)

●We just need to clarify one point to end this confusion.(この混乱を終わらせるため、一点、明らかにする必要があります。)

要は、自分にあった100個ほどの文例集を作り上げ、ただひたすらにそれだけを使う。そうこうしているうちに、最低限のビジネス会話ができるということで輪が拡がり、役割が広がり、機会が増え、英語の面白みを強く感じるようになっていきます。

次ページ居直ること、気にしないこと、やけっぱちになること
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。