米国大統領選が予想外の展開になった理由

貯蓄や所得は中央値を見ないと分からない

米国大統領選で予想外に"社会主義者"が健闘した(写真:UPI/アフロ)

ルビオ上院議員とケーシック知事が選挙戦からの撤退を表明し、トランプ氏が共和党の候補となることは確実になった。民主党候補にヒラリー元国務長官が選出されることも確実な状況だが、1年前には泡沫候補扱いだったサンダース上院議員が20州ほどで勝利を収めるなど善戦している。

トランプ氏自身が、ヒラリー・クリントン元国務長官のほうが早く決着が付き、自分のほうが決着までに時間が掛かると思っていたと述べているように、米大統領選挙はまったく予想外の展開となっている。

自ら社会主義者を名乗る民主党のサンダース上院議員を支持しているのは、米国経済の回復から置き去りにされた人々だ。トランプ氏を共和党候補へと推し進めたのも、やはりこれまでの政策に大きな不満を持つ人達である。サンダース候補の主張は言うまでもなく、また、トランプ候補の暴論にも、米国民の本音が少なからず反映されており、これが二人が予想外の支持を集めている理由の一つだ。

「自分たちは豊かではない」、余裕を失った米国人

この連載の過去記事はこちら

マスコミでは、トランプ候補が、外交政策に関する演説で、米国の国益や安全を最優先する「米国第一」を原則とする考えを強調したと伝えられている。

米国はこれまで世界全体の利益のために行動するということが建前で、自国の利益を犠牲にすることもあった。しかし、トランプ候補の外交原則は、米国がその余裕を失いつつあることを反映していると見るべきだ。

米国は非常に豊かな国であり、貧しい国々のために相応の負担を行うこともやむを得ない、と多くの国民が考えていた。しかし予備選挙の模様は、自分たちはほかの国のために多くを負担するほど豊かではない、と多くの米国民が感じていることを示している。

次ページ「平均値」の落とし穴
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。