暗黙の「社内ルール」を察しない残念な人たち

「字面通りに取る」だけの人はうまくいかない

周りの様子を見ながら「察する力」をもつことが大切です(写真:xiangtao / PIXTA)

「考えておく」という言葉があります。関西ではこの言葉は「断る」という意味であることが多くあります。

同じ言葉でもニュアンスが異なる

この連載の記事一覧はこちら

たとえば買い物の場面。値引きなど条件を提示されて興味を示したように見えても「ま、考えておくわ」と答えたら、買う気はない。ところが関東では「考えておく」と言えば、本当に考えている……。こうした文化の違いははっきりとは見えにくいもので、仕事上のコミュニケーションを難しくしたりもします。日本語には、標準語のほかにも関西弁や東北弁など方言が多数あり、同じ言葉でもニュアンスが大きく異なることがあります。

再び関西弁の話。私は大学時代を関西で暮らしたのですが、「お前、アホちゃう?」と言われた場合、「お前はオモロいやつや」という意味の褒め言葉として通用していました。つまり、関西の会社において「お前、アホちゃう?」と言われることは、社内においてひとつのキャラクターとなり、立ち位置を獲得した、つまりテレビ的な言葉でいうと「おいしい」状況なわけです。

ところが、所変わって関東では、「お前、アホちゃう?」と言われた場合、「バカじゃないの」というさげすんだ表現として受け取られてしまうことがあります。すると何が起きるか。関西の会社で、「ちょっと聞いてよ。昨日遅刻して、こんなことがあってさぁ……」という話に、お約束どおり「お前、アホちゃう?」と合いの手が入った場合、周りはみんな褒め言葉として受け取りますが、その中にローカルルールを知らない関東出身の人がいると、「なんでアホなのか、理由を教えてくれませんか?」と水を差してしまい、会話が冷めてしまうのです。

次ページ会社によって異なる「ローカルマナー」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。