シダックスが東電電力館を借りフィットネス

かつての“原発広告塔”が一新

東京・渋谷のシダックス本社ビル。右下奥が旧「渋谷電力館」

かつての“原発広告塔”がカルチャーとスポーツの総合施設に生まれ変わる。

給食事業とレストランカラオケ事業、そして子会社・大新東による車両運行代行等のトータルアウトソース事業を3本柱とするシダックスは、東京電力傘下の東電不動産から「渋谷TFビル(旧渋谷電力館)を借り受け、来年4月に「シダックス・カルチャー・ビレッジ」として開業することをこのほど発表した。

旧渋谷電力館は東京電力のPR施設で、原子力発電を含む電力関連の“広告塔”ともいえる象徴的な施設だった。東電福島第一原子力発電所事故の余波で昨年5月末に閉館。渋谷電力館のちょうど隣に本社ビルを持つシダックスが東電側に働きかけて、今回借り受けることになった。

シダックスが旧渋谷電力館を借り受ける最大の理由は「スポーツ&カルチャー事業」への本格参入。同社はシダックス・カルチャー・ビレッジにおいて、カルチャースクールとスポーツクラブを融合させた新しい学びの場として、「CULTURE WORKS(カルチャーワークス)」をスタートさせる。

シダックス・カルチャー・ビレッジのフロア構成は未定の部分もあるが、2階に受付を設け、3階がカルチャー向けスタジオや、ロッカールーム、4階がフィットネススタジオ、5階がHIP HOPダンスや武道などのスタジオなどとなるもようだ。

次ページ全国300店で展開も
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。