大粒ブルーダイヤ、史上最高額63億円で落札

14.62カラットのオッペンハイマー・ブルー

 5月18日、大粒で希少なブルーダイヤモンド「オッペンハイマー・ブルー」(写真)がジュネーブで競売にかけられ、宝石としては史上最高額となる約63億4000万円で落札された。12日撮影(2016年 ロイター/Denis Balibouse)

[ジュネーブ 18日 ロイター] - 「オッペンハイマー・ブルー」と名付けられた大粒で希少なブルーダイヤモンドがスイスのジュネーブで18日に競売にかけられ、5683万7000スイスフラン(約63億4000万円)で落札された。宝石としては史上最高額だという。

競売会社クリスティーズが明らかにした。

これまでの最高額は、昨年11月にライバルのサザビーズで落札された「ブルームーン・ダイヤモンド」の4860万ドル(約53億6000万円)。

オッペンハイマー・ブルーは14.62カラットで、オークションにかけられた中では最大の色鮮やかなブルーダイヤモンド。ロンドンのダイヤモンド・シンジケートを支配していたフィリップ・オッペンハイマー卿が所有していた。推定落札価格は3800万─4500万ドルだった。

落札者は今のところ不明。

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。