希少な宝飾用ピンクダイヤモンドが競売へ

落札予想価格は最高41億円

 5月9日、非常に珍しい大粒のピンクダイヤモンド(写真)が競売にかけられることになった。(2016年 ロイター/Denis Balibouse)

[ジュネーブ 9日 ロイター] - 非常に珍しい大粒のピンクダイヤモンドが競売にかけられることになった。競売会社サザビーズによると、色鮮やかな15.38カラットのこのピンクダイヤの落札想定価格は2800万─3800万ドル(約30億─41億円)。

オークションは5月17日にスイスのジュネーブで行われる。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。