希少な大粒ピンクダイヤ、34億円で落札

宝飾用ピンクダイヤとしては過去最高額

 5月17日、非常に珍しい大粒のピンクダイヤモンド「ユニーク・ピンク」がスイスのジュネーブで競売にかけられ、3080スイスフラン(3146万ドル、約34億円)で落札された。主催したサザビーズによると、宝飾用ピンクダイヤの落札額としては過去最高だった。写真は9日撮影(2016年 ロイター/Denis Balibouse)

[ジュネーブ 17日 ロイター] - 非常に珍しい大粒のピンクダイヤモンドが17日、スイスのジュネーブで競売にかけられ、3080スイスフラン(3146万ドル、約34億円)で落札された。主催したサザビーズによると、宝飾用ピンクダイヤの落札額としては過去最高だった。

今回落札された15.38カラットの「ユニーク・ピンク」は、洋ナシ型にカットされ、指輪に取り付けられている。落札者は電話で参加したアジアの民間コレクターだという。

宝飾用ピンクダイヤのこれまでの最高落札額は、昨年11月にクリスティーズが競売にかけた「スイート・ジョゼフィーヌ」(16.08カラット)で、落札価格は2850万ドルだった。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。