究極!その悪癖を絶つショッキングな方法

やめられない過食や喫煙、飲酒におさらば

過食や大量飲酒などの問題を解決する最後の手段としては、熱い評価がされているとのことだが、臨床試験はこれからだ(写真:満重皓大 / PIXTA)

米国ミシガン州に住むジェシカ・アイリッシュは、ここ10年ほど毎年のように「夜遅くスナックを食べるのはやめて、体重を14キロ減らす」と、新年の誓いを立ててきた。しかし、多くの米国人がそうであるように、その決意も2週間くらいしか続かなかった。

だが、今年は違う。

食べてしまったら自分に「お仕置き」

「もう8キロも体重が減った」とアイリッシュは言う。「それに、今までとは比べものにならないくらいダイエットが続いている。もっとすごいのは、夜にスナックを食べようとは思いもしなくなったことだ」。

アイリッシュは、これまでダイエットや減量プログラム、ジム通いや意志の力で減量を試みてきたが、達成できなかった。今回成功したのは「パブロク(Pavlok)」という新しいウェアラブル・デバイスのおかげだという。チョコレートやチーズのスナックなど、アイリッシュが食べてはいけないと思っている食べ物を口にするたび、彼女はパブロックを使って瞬間的な電気ショックを受けるのだ。

「一口食べてしまったら、自分に電気ショックを与える」とアイリッシュは言う。「1日目の夜には5回、2日目には2回。3日目になると、もう食べたいとは思わなくなった」。

パブロクは199ドルで、腕に装着して使う。その名前からも分かるように、このデバイスはパブロフ型条件付けの理論を応用し、ある特定の行動にイヤな連想を結びつけるものだ。たとえば、タバコを吸ったり、爪を噛んだり、ジャンクフードを食べたりしたときに、パブロクかスマートフォンのアプリをタップすると電気ショックが与えられる。電気が流れる時間はほんの一瞬で、その強さは自分で調節できる。最低の50ボルトだと強いバイブレーション程度で、最高の450ボルトだとアイスピックほどの針を持つハチに刺されたような感じだ(比較のために言うと、米国の警察が使うスタンガンのテーザー銃は約5万ボルトだ)。

次ページ嫌悪療法の効果を狙ったデバイスのなかでも
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。