水星の「太陽面通過」を観測、10年ぶりの天体ショー

7時間半かけて太陽の表面を「通過」

 5月9日、水星が太陽の前を横切る「太陽面通過」という現象が米国で観測された。地球と太陽の間に水星が並ぶことは珍しく、100年に13回程度しか見られない、貴重な天体ショーだ。写真は米ラスベガスで撮影(2016年 ロイター/David Becker)

[ケープカナベラル(米フロリダ州) 9日 ロイター] - 水星が太陽の前を横切る「太陽面通過」という現象が9日、米国で観測された。地球と太陽の間に水星が並ぶことは珍しく、100年に13回程度しか見られない、貴重な天体ショーだ。

小さな黒点のように見える水星は、1112GMT(日本時間午後8時12分)に太陽の縁に姿を現し、それから7時間半かけて太陽の表面を「通過」した。

米航空宇宙局(NASA)の惑星科学部門を率いるジム・グリーン氏は「遠近感のせいで」このように見えると述べた。

前回この現象が観測されたのは2006年。次のチャンスは2019年、その次は2032年だという。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
インテルの<br>パラノイア的技術経営

インテル中興の祖、アンディ・グローブ。数々の英断で、プロセッサー半導体市場で無双の企業を作り上げた。グローブの愛弟子である、インテル全盛期のトップが語る技術経営の神髄。